07

「守・破・離」という言葉、学びの本質

武芸で技を磨いていくときには3段階あらしく。 まずは、教えられた型を忠実に「守」る段階。 次に、それを少し応用して、型を「破」る段階。 そして、身体で覚え、意識をなくしても出来、型から「離」れる段階。 […]